本文へ移動
製品について
About CRISIS-01
有事の際は、CRISIS-01が、あなたの家族を護ります。

 有事または災害時の身近な一時避難施設です!!

01 CRISIS-01とは?

CRISIS-01は、普通自動車1台分のスペースがあれば設置が可能で、有事の際だけではなく、普段使いも可能なように設計されています。
非常時に一時避難にも利用できます
FALLOUT SHELTER / CHEMICAL EMERGENCY / BIOHAZARD
02 標準装備(フェーズフリー仕様)

放射性物質をろ過する特殊ろ過フィルター標準装備。その他標準装備品の一部として冷暖房エアコンや外部電源口、4方向防犯カメラなどがパッケージ化されており平時の際に普段使いも出来るフェーズフリーの核シェルター仕様になっております。ポータブル電源やソーラーパネル、ポータブルトイレはオプション。

03 除去出来る有害物質

放射性物質をろ過する特殊ろ過フィルターにより、有事の際に外気に含まれる様々な有害物質を99.995%除去します。(サリン・VXガス・火山性ガス・ウイルス等)停電時には手動操作可能。
04 板金国内生産

板金はJIS規格の鋼材を使用。デザイン、設計、溶接加工、内装工事など全て弊社工場内生産。出荷検査時に陽圧チェックを行いお届け致します。
核兵器の威力
核兵器の威力
The Power of Nuclear Weapons
核爆発の爆心地から半径1km程の人々はほぼ確実に即死。
さらに半径2kmは建物も崩壊(粉砕)され、熱放射に伴い全て焼き尽くされます。約6kmの範囲では、住宅の窓ガラスは飛び散り甚大な負傷者が出ます。その後、広範囲に渡り空気中に舞い上がったチリが放射性降下物として降り注ぎ、浴びたり吸い込んだりした場合は数か月で急性放射能症になり死亡してしまいます。(長崎21kトンの場合)
以上が長崎に落とされた21kトンの原爆のおおよその試算ですが、現在核兵器は年々進化を遂げており、想定を絶する死者が出るどころか人類存亡に関わる事態に見舞われることも想像に難くありません。
防災無線
隣国と日本
島国である我が国日本。隣国には中国、ロシア、北朝鮮など核兵器を保有する国々があり、その国々に囲まれている現実を把握する必要があります。北海道はロシア、尖閣、沖縄などは中国、日本海側は北朝鮮の脅威に常にさらされていることを再認識することが重要です。
本当に怖いのは核爆発後の放射性降下物 通称死の灰
核爆発では数キロの被害でも、そのきのこ雲によって上空に舞い上がるチリが放射線を振りまく物質となり風に乗って数十キロ、ときには数百キロまで被害を及ぼすことがあります。その雲が雨を降らせてあらゆるものに付着し、またはチリを吸い込むことによって内部被ばくを引き起こします。爆心地から離れた場所にいた場合は指示があるまで屋内待機が鉄則であり、建物の奥に避難し出来る限り隙間を無くして外気の侵入を阻止します。一般住宅ではそれらに限界があり、木造家屋や窓などは放射線を遮断出来ません。CRISIS-01は有害物質をろ過する特殊フィルターが搭載され、さらに鉛板に覆われている核シェルターです。
CRISIS-01
お問い合わせ
Contact Us
CRISIS-01に関するお問い合わせはこちらから、お気軽にご連絡ください。
TEL.0296-35-3785
直通メール crisis01##crisis01.com   (##を@に変えてください)
平日8:30~17:30(土日祝日休み)
TOPへ戻る