本文へ移動

イメージ

企業の危機管理対策(BCP)、福利厚生の新しい考え方

いたずらに不安を煽っているわけではなく、経営者の皆様は昨今の世界情勢を読み取り、今後どのような世界になって行くのかを真剣に考える時期に差し掛かっていると思います。
あえてお伝えするとしたら、南海トラフ地震はいつ起こっても不思議ではなく、大地震に誘発し「火山の大噴火」も念頭に入れ、海岸地域では「大津波」も想定されます。
台湾有事は「日本有事」とも言われており、文字通りでありますが、しかし自然大災害に乗じて紛争を起こす「複合災害」も考えておかなければいけません!!
「Jアラート]が鳴り響くなか一部の企業ではそれらを想定した避難マニュアル等を作られているとは思いますが、企業の財産である「情報」やそれらを管理する社員(幹部社員)等が大勢が逃げ惑う中、指定の地下鉄や地下施設に無事にたどり着けるとは限りません。データはクラウドにあるので大丈夫と言っても通信インフラはいとも簡単に破壊(EMP攻撃)されるでしょう。
既に時代は地震等などの簡単な対策程度では済まない状況になると想定しないといけない時代に入っております。
せめて会社近くにシェルターを設置し、そこに逃げ込む、または社屋に地下工事を施して地下シェルターを設置する等を講じるなど検討する段階にあります。

想定できる事柄

最悪を見据えた究極の判断

福利厚生やBCP対策の新しいフェーズに入っていることに気付いてください。
経営者の判断が災害後、有事後の会社存続を左右することになるでしょう。


お問い合わせは下記に
  • どこにどの様に設置するのか
  • 設置工事にかかる時間は
  • トータル金額は
  • 収容人数は
  • 複数台での購入金額は
  • ランニングコストは

Mail  crisisi01@crisis01.com  まで。
tel   0296-35-3785 (平日8:20~17:30)

イメージ

TOPへ戻る